記者コラム=富戸の海岸にクジラ

2018年12月19日

 伊東市富戸の海岸に体長約5メートルのクジラの死骸が打ち上げられた。場所は富戸港から約700メートルの岩場で、クジラに近づくのも一苦労だった。

 クジラの周りにたくさんのカラスがいたので石を投げて追い払いながら進んだ。カラスのふんで白くなった岩の上をパンプスで慎重に歩いた。腐敗が進み近づく度に臭いが強くなり、思わず顔をしかめた。あおむけに横たわるクジラ。あまりいい気分ではないが、何度もシャッターを切った。

 社に戻ると鯨肉の話になった。昔給食に出たという話もあった。筆者は鯨肉を食べたことがなく、気になっていたが、あおむけのクジラを思い出すと食べたいとは思えなかった。トマトとイチゴと鯨肉。食わず嫌いがまた1つ増えた。(優)

各地の最新の写真
伊東
松川湖畔 紅白梅咲き始め、例年より半月早く―伊東
下田
「かわいい」と大喜び 南伊豆東小でペンギン教室―下田の水族館
中伊豆
厄よけ豆4万袋詰める 来月3日、三嶋大社で節分祭
熱海
耳澄まし札取り合う 熱海中、全校学級対抗で百人一首

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)