記者コラム=みんな違っていい

2018年12月18日

 「特定の音や刺激が苦手」「自分の興味のあることばかり話す」「知的な遅れはないのに読めない」−。こうした日常生活で抱える“困難さ”を発達の特性と捉えることで、本人に合った生活の仕方や働き方に結び付ける動きが広がっている。

 三島市発達支援センターを先日取材した折、「大人になって気付く人も多い」と職員が語った。ライフステージや個人によって表れ方は異なり、程度の差もあるが、最近メディアでもよく聞く。

 自閉症について以前、「病気でなく脳の発達の仕方の違い。生まれつきで、本来はまじめで純粋。良い所をたくさん持っている」と教わった。「みんな違って、みんないい」−。この言葉が好きだし、もっと広く認知されればと思う。(藤)

各地の最新の写真
伊東
松川湖畔 紅白梅咲き始め、例年より半月早く―伊東
下田
「かわいい」と大喜び 南伊豆東小でペンギン教室―下田の水族館
中伊豆
厄よけ豆4万袋詰める 来月3日、三嶋大社で節分祭
熱海
耳澄まし札取り合う 熱海中、全校学級対抗で百人一首

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)