記者コラム=イベント関係者の苦悩

2018年10月09日

 「イベントで町が元気になるとは限らない。時間や労力に余裕がない場合、逆に町をつぶしかねない」。下田市で地域活性化に取り組む団体の代表者がそう述べていた。異論はあるだろうが、この意見に納得した。

 現在住む賀茂地区でも、大きなイベントになるほど関係者が疲れているように感じる。仕事の合間や終了後に準備し、最低限の人数で運営することもあるようだ。これでは魅力向上どころか内容の改善すら難しい。

 歴史や伝統、地域の象徴など各種催しを続けることは大きな意義があるが、続けることで関係者の本業に影響するのはよくない。規模の縮小など時代に沿った対策を実施するべきだと思う。そろそろ考え時ではないだろうか。(穂)

各地の最新の写真
伊東
豪快に“キンメ滝登り” 仲丸通りに「だまし絵」―伊東市商連
下田
たわわにオリーブの実 東伊豆・片瀬ほ場で初収穫―伊豆急HD
中伊豆
献眼協力、25人に感謝 天城湯ケ島LC、遺族も参列し供養祭
熱海
例大祭へ「豊栄の舞」稽古 女児9人―熱海・今宮神社

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)