記者コラム=秋雨前線の疑問

2018年09月15日

 このごろ暑さも和らいで雨が降り続き、「秋がやってきたのだ」と感じることが多くなってきた。一年のうちに秋雨前線は必ずできる。どうしてできるのだろうかと思い、調べてみた。

 前線は多くの人が知っているように、温かい空気と冷たい空気がぶつかってできる。上昇気流が起きて水を含んだ空気が上空で冷やされると雲ができ、雨が降る。秋雨前線は真夏に太平洋で暖まった「太平洋高気圧」とシベリアで冷やされた「シベリア高気圧」の二つの空気の塊「気団」がぶつかってできるという。

 今年の夏は暑すぎたが、秋は来ているようだ。小さな疑問でも調べてみると、新しい世界が開けて面白い。(恵)

各地の最新の写真
伊東
文化、芸術 秋真っ盛り 伊東市芸術祭・上演部門
下田
クロカン 全国756人疾走ー東伊豆
中伊豆
情緒豊かにウクレレ 市民文化祭音楽芸能部門が開幕―伊豆
熱海
趣向凝らした手作り品500点 網代で文化祭―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)