いま、熱海では=救命処置、身に付けて

2018年09月08日

 先日熱海市内で開かれた救急の日イベントで、市消防本部の救急救命士が「心肺停止から自動体外式除細動器(AED)を使った救命処置を行うまで、1分ごとに救命率は10%ずつ下がっていく」と話していた。

 目の前で倒れている人を見つけたら、気が動転して何をするべきか分からなくなってしまう人がほとんどだろう。そんなとき、胸骨圧迫やAEDの使用方法などを少し知っておくことで、命を救えるかもしれない。

 救急救命士は「完璧でなくてもいい。勇気を持って一歩踏み出し、目の前の人の救命に当たってほしい」とも呼び掛けた。救命処置が無駄になることはない。万が一のためにも多くの人が身に付けてほしい。(三)

各地の最新の写真
伊東
伊東消防署がアンケート、広報活動 火災警報器設置も
下田
仮想村で仕事買い物楽しむ 下田で遊・VIVA
中伊豆
伊豆市親善大使に研ナオコさん委嘱 天城北道路開通目前
熱海
季節の花材生かす 市民文化祭、11日まで華道展―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)