1面コラム 潮の響=気になるホテル

2018年09月04日

 8月最後の日曜日夜、国道135号を車で南下していると満月が何度も視界に入った。“ムーンロード”はいつもより神々しく見えた。北川温泉に入ると、浴衣姿の宿泊客が国道沿いを歩いていた。波打ち際の黒根岩風呂に向かったか

 ▼近年、旅雑誌やテレビの旅番組で黒根岩風呂が紹介されることが増えた。子どもの頃、夏によく利用していたので不思議な感じがする。地元の人にとっては当たり前のことが、旅人には「非日常」なのだ

 ▼非日常といえば、最近気になって仕方ない場所がある。箱根に8月、オープンしたブックホテル「箱根本箱」だ。「本のある暮らし」などをテーマに日本出版販売が手掛けた

 ▼保養所をリノベーションした施設内に約1万2千冊の本が置かれ、自由に読めて購入することができる。ブックストアやレストラン&カフェ、ミニシアター、温泉などがあり本好きにはたまらない

 ▼作家の恩田陸さん、ブックディレクターの幅允孝さん、料理研究家の土井善晴さんら著名人が選んだ「あの人の本箱」が、客室などに置かれているのも魅力だ。別の人の本箱を読みたい場合は再訪するしかない“仕掛け”だ。一度泊まって「暮らすように」本と向き合ってみたい。

各地の最新の写真
伊東
被害の記録、次代に 狩野川台風60年―伊東市役所で写真展
下田
再生100万回達成 リアルタイム、海の動画配信―下田4海水浴場
中伊豆
GGN加盟認定書受ける イタリアで国際会議、伊豆ジオ推進協
熱海
熱海芸術祭、花火で開幕 夜空に3000発、観衆魅了 

最新写真特集