記者コラム=駿河湾越し花火見物?

2018年08月09日

 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?―なんてドラマではないけれど、いっそ駿河湾越しに見たらどうなるだろう。南伊豆町のあいあい岬から、御前崎みなと夏祭(4日)の花火が見えると聞き行ってみた。

 両岸間は約55キロある。岬に着くとドンドンと聞こえ期待が高まった。ところが高台に登っても光が見えない。御前崎に雲がかかり、音はすれども姿は見えずじまいだった。

 長崎県の対馬は対岸・韓国釜山の花火が見え、住民の楽しむ姿をテレビが紹介したこともある。伊豆西海岸から見えるとすれば、10日にさがら海上花火(牧之原市)、14日に焼津海上花火、23日に吉田町港まつりがある。天気任せの花火見物も一興だろう。(航)

各地の最新の写真
伊東
厳しい暑さも「甘み十分」 イチジク目ぞろえ会―JAあいら伊豆
下田
川面流れる灯籠200個 海岸で花火800発、夜空彩る―松崎
中伊豆
学校の蛇口150個交換 伊豆の国市上下水道組合が新たな奉仕
熱海
爽やかに晴れ筋雲広がる―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)