1面コラム 潮の響=伊豆を自転車で楽しめる観光地に

2018年07月30日

 昭和の終わりごろ、亀石峠付近で見掛けるサイクリストは、ほぼ間違いなく日本競輪学校(現伊豆市大野)の生徒だった。プロを目指すだけあって、きつい坂をぐんぐん上っていく鍛えられた脚力に感心した

 ▼30年を経た平成の終わりも、同峠をはじめ伊豆半島のあちらこちらでサイクリストが見られる。以前と同様、競輪選手の卵もいるが、今は多くが自転車愛好者だ。大学のサークルなど若者の団体もあれば、中高年のグループも。風光明媚で起伏に富んだ伊豆で自転車の旅を楽しんでいる

 ▼伊豆市大野の伊豆ベロドロームが2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技会場となることから、開催機運を盛り上げるイベントが展開されている。同時に伊豆各地で、自転車で楽しめる観光地づくりも進んでいる

 ▼美しい景色を楽しめるサイクリングコースの紹介はもちろん、自転車と共に乗れる電車、バスもある。レンタルステーション、専用駐輪施設がある店舗も増えている。日本遺産「箱根八里」では、利用環境創出へ向け秋から社会実験が行われる

 ▼愛好者の自転車は概して高価なため、宿泊する場合は部屋に持ち込みたいという。対応できる宿泊施設はまだ少ないなど、課題は多い。

各地の最新の写真
伊東
厳しい暑さも「甘み十分」 イチジク目ぞろえ会―JAあいら伊豆
下田
川面流れる灯籠200個 海岸で花火800発、夜空彩る―松崎
中伊豆
学校の蛇口150個交換 伊豆の国市上下水道組合が新たな奉仕
熱海
爽やかに晴れ筋雲広がる―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)