記者コラム=ミャンマーの菩薩

2018年07月25日

 伊東市十足の池田20世紀美術館で写真展「壁―ヒミツノアリカ」を開催中の写真家六田知弘さんに思い出深い1枚を尋ねた。51点の中から選んだのはミャンマーで撮影した菩薩の写真だった。

 「パッと懐中電灯で壁を照らしたら、30年以上探していた姿がそこにあった」―何千とある寺院から探しだし、今年2月に撮影に成功したという。菩薩の姿がより神々しく見えた。

 スマートフォンやデジタルカメラの普及で写真や動画撮影が手軽になった。写真や動画を見返すと、撮影した時の気持ちや記憶が鮮やかによみがえる。筆者の1枚は初めて自分のカメラで友人を撮った写真だ。シャッターを切った高揚感は今も忘れがたい。(祥)

各地の最新の写真
伊東
厳しい暑さも「甘み十分」 イチジク目ぞろえ会―JAあいら伊豆
下田
川面流れる灯籠200個 海岸で花火800発、夜空彩る―松崎
中伊豆
学校の蛇口150個交換 伊豆の国市上下水道組合が新たな奉仕
熱海
爽やかに晴れ筋雲広がる―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)