1面コラム 潮の響=韮山反射炉の日

2018年07月09日

 きょう8日は「韮山反射炉の日」。反射炉を構成資産に含む「明治日本の産業革命遺産」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された日を記念し、伊豆の国市が登録から1年後に制定した

 ▼日曜日に当たる今年は、登録3周年記念式典が韮山時代劇場で開かれる。歴史コメンテーターとしてメディアで活躍する金谷俊一郎さんが「明治日本の産業革命遺産を学ぶ世界一楽しい授業」をテーマに講演する

 ▼3年前の登録決定は“難産”だった。ドイツ・ボンで開かれたユネスコの委員会で同遺産の審議が2度にわたり延期され、当初の見込みより2日遅れて決まった。時代劇場で行われたパブリック・ビューイングで市民や関係者が喜ぶ様子とともに、対応に追われた職員の安堵[あんど]と喜び、疲れが入り交じった表情が忘れられない

 ▼翌日の本紙は「韮山反射炉 世界遺産」「伊豆の国市民 喜び爆発」などの見出しが躍った。同時に「ここからがスタート」という小野登志子市長のコメントも掲載した

 ▼韮山反射炉の日は「全ての市民が反射炉の価値を深く理解し、適切に保全や活用を進めながら未来に継承していくこと」を目的に制定された。講演を聞いて価値を理解しよう。

各地の最新の写真
伊東
被害の記録、次代に 狩野川台風60年―伊東市役所で写真展
下田
再生100万回達成 リアルタイム、海の動画配信―下田4海水浴場
中伊豆
GGN加盟認定書受ける イタリアで国際会議、伊豆ジオ推進協
熱海
熱海芸術祭、花火で開幕 夜空に3000発、観衆魅了 

最新写真特集