いま、熱海では=大地震どう逃げる?

2018年07月05日

 先日、熱海市立多賀中で大地震のシミュレーション訓練が行われた。生徒たちが日頃生活する学校で地震が起きた場合、何が起きてどう逃げるかを考えた。

 普段、避難訓練などの際には、決められた場所から決められたルートで避難をすればいいだろうが、地震を含むさまざまな災害はいつ発生するか完璧に予想することはできない。そのため、発生した場所ごとの対応を自分たちで考えることはとても大切だ。

 起きてから逃げる場所や家族の安否確認方法を考えても遅い。生徒たちだけでなく、社会人や高齢者、あらゆる人が自分の活動範囲での避難ルートや起こりうること、対処法を想定しておく必要がある。(三)

各地の最新の写真
伊東
被害の記録、次代に 狩野川台風60年―伊東市役所で写真展
下田
再生100万回達成 リアルタイム、海の動画配信―下田4海水浴場
中伊豆
GGN加盟認定書受ける イタリアで国際会議、伊豆ジオ推進協
熱海
熱海芸術祭、花火で開幕 夜空に3000発、観衆魅了 

最新写真特集