いま、熱海では=大地震どう逃げる?

2018年07月05日

 先日、熱海市立多賀中で大地震のシミュレーション訓練が行われた。生徒たちが日頃生活する学校で地震が起きた場合、何が起きてどう逃げるかを考えた。

 普段、避難訓練などの際には、決められた場所から決められたルートで避難をすればいいだろうが、地震を含むさまざまな災害はいつ発生するか完璧に予想することはできない。そのため、発生した場所ごとの対応を自分たちで考えることはとても大切だ。

 起きてから逃げる場所や家族の安否確認方法を考えても遅い。生徒たちだけでなく、社会人や高齢者、あらゆる人が自分の活動範囲での避難ルートや起こりうること、対処法を想定しておく必要がある。(三)

各地の最新の写真
伊東
今季最高33.6度 暑さ続きの3連休―伊東の海水浴場にぎわう 
下田
雲見で「サザエ狩り」 3000個に1000人夢中―松崎
中伊豆
三島で女子サッカー U―12選抜、都県代表12チーム熱戦
熱海
操舵室でアナウンス 富士急マリン、海の日にイベント―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)