1面コラム 潮の響=熱海国際映画祭、きょうレッドカーペットで開幕

2018年06月28日

 レッドカーペットといえば、公式な催事に高貴な賓客らを迎える歩行路に用いられ、映画界最高の栄誉アカデミー賞などで知られる。授賞式に出席するスターが華やかなドレスでポーズを取る“見せ場”だ。そうしたレッドカーペットが今夕、熱海市に出現する

 ▼国内外の未公開映画を集めた初の「熱海国際映画祭」がきょうから4日間、熱海市で開かれる。89の国と地域から1508本の応募があり、選抜した5部門約80本を上映する。グランプリなど受賞作品は釜山国際映画祭、ECUヨーロッパ映画祭などで上映されるという

 ▼映画祭計画が発表されたのは昨年11月下旬。斉藤栄市長は会見で、市内のロケ増加と映画祭をきっかけに「熱海を日本版ハリウッドにしたい」とぶち上げた

 ▼市や民間企業でつくる実行委員会は、東京での詳細発表、作品公募、PR活動などを進めてきた。準備の遅れが指摘され、チケット販売も厳しい状況というが、伊豆地区では初めてといえる独自の国際イベント。何としても成功してほしい

 ▼開幕を告げるレッドカーペットは午後5時から。滝川広志(コロッケ)さん、加藤雅也さん、飯島直子さん、パク・シフさん、宮地真緒さん、板野友美さんらが歩く予定だ。

各地の最新の写真
伊東
被害の記録、次代に 狩野川台風60年―伊東市役所で写真展
下田
再生100万回達成 リアルタイム、海の動画配信―下田4海水浴場
中伊豆
GGN加盟認定書受ける イタリアで国際会議、伊豆ジオ推進協
熱海
熱海芸術祭、花火で開幕 夜空に3000発、観衆魅了 

最新写真特集