1面コラム 潮の響=ファミレスでの出来事

2018年06月04日

 先日、県東部の混み合うファミリーレストランで、ちょっとした“トラブル”があった。若者4人のグループが、自分たちの順番になっても店内にいなかったため、食事ができなかった。スタッフともめることはなかったが“嫌な空気”が漂った

 ▼そのチェーン店は客が機械を操作して整理券を入手するシステム。待ち時間の目安が表示され、呼ばれた時に店内にいないとキャンセルになる。この時は1時間余の表示だが少し早まり、店外にいた若者グループは遅刻。並び直す訳にもいかず、帰って行った。厳しいルールだなと感じた

 ▼俗に「がっかり名所」と言われる観光地がある。札幌市のビルの谷間にある「時計台」などを指すが、ある意味“親しみの称号”でもある。ところがウェブで見掛ける「二度と行きたくない観光地」は笑えない。地名は隠しているが、接客などの“不快な思い出”が理由に並ぶ

 ▼前出のレストランを観光客相手の店に置き換えたら…。若者グループはどう感じただろうか、柔軟な対応はできなかったのか−などと考えてしまう

 ▼観光地がリピーターを獲得するにはかなりの努力が必要だが、失うのは一瞬だ。接客の真髄はルールを超えた温かさにあるのかもしれない。

各地の最新の写真
伊東
伊東商高野球部「支援、プレーで恩返し」 OB会らが壮行会
下田
カメラ設定、構図指導 下田写真部、初心者対象に講座
中伊豆
駅南口駐車場建設進む 自転車と原付850台収容―三島
熱海
読み聞かせボランティア 講座に市内外50人―熱海市立図書館

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)