いま、熱海では=花にまつわる話

2018年06月02日

 大型連休と夏の観光シーズンを避けて長崎県へ旅行した。長崎市では5月28日~6月17日まで「ながさき紫陽花まつり」が開かれている。市街地を流れる中島川沿いや観光名所のグラバー園、出島などに3800株のアジサイが飾られるという。

 国重要文化財の眼鏡橋がある中島川の会場に出掛けた。川沿いの広い歩道に鉢植えが並び、花の塊がブーケのように見えるピンク色のアジサイが、女性の人気を集めていた。

 西洋医学を広めたシーボルトが、愛する女性の名前「お滝」から、アジサイを「おたくさ」と名付け、欧州に紹介した―。地元テレビ局のニュースで聞いたエピソード。熱海の花のイベントでも、長く記憶に残る話を紹介したい。(前)

各地の最新の写真
伊東
伊東商高野球部「支援、プレーで恩返し」 OB会らが壮行会
下田
カメラ設定、構図指導 下田写真部、初心者対象に講座
中伊豆
駅南口駐車場建設進む 自転車と原付850台収容―三島
熱海
読み聞かせボランティア 講座に市内外50人―熱海市立図書館

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)