いま、熱海では=今年の夏の天候は?

2018年05月22日

 熱海市網代にある気象庁観測地点のデータで、今年1月から5月(19日まで)の間に、観測史上1位となる値が二つあった。一つは3月8日の24時間降水量で149・5ミリが最多、もう一つは4月の月平均気温16・7度で最も高かった。

 10位までの表を見ると毎月、降水量、気温、日照時間のどれかで今年のデータが記録を書き換えている。日照時間は「多い」だけだが、雨は「多い」「少ない」、気温は「高い」「低い」の両方があった。全部で15項目あり、2017年の5項目と比較すると、3倍のペースだ。

 極端な天候は今後も続くのか。大雨、猛暑、冷夏は災害、人命、経済などに影響が心配される。平均的な夏を期待したい。(前)

各地の最新の写真
伊東
伊東商高野球部「支援、プレーで恩返し」 OB会らが壮行会
下田
カメラ設定、構図指導 下田写真部、初心者対象に講座
中伊豆
駅南口駐車場建設進む 自転車と原付850台収容―三島
熱海
読み聞かせボランティア 講座に市内外50人―熱海市立図書館

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)