記者コラム=じゅうたんと悲恋の話

2018年05月16日

 家のリビングに敷かれているじゅうたん。少し値段が高めの日用品といったイメージがあるかもしれない。しかし文化が模様に表れている物もあり、鑑賞するのも面白い。

 じゅうたん展の取材をした時、悲恋の話「レイラとマジュヌーン」が描かれた物を見せてもらった。青年は娘と愛し合っていたが、愛のあまり狂人に成り果て、親の反対もあって結ばれなかった。結果、青年は動物としか話さなくなり、娘も衰弱して亡くなった。ペルシャなどアラブの人たちはみな知っているらしい。

 じゅうたんに文化が表現されているのなら身の回りの物にも隠された文化があるかもしれない。そう思うと生活が少し楽しくなりそうだ。(恵)

各地の最新の写真
伊東
ブリ類漁獲「今後も期待」 県定置協総会―伊東
下田
“最後”の「どんつく祭」1日に縮小し来月3日開催―稲取観光協
中伊豆
「ギネス挑戦」PR みしまコロッケ最多ペア数記録―日大三島高
熱海
アジサイ主に70種800点 28日まで山野草市―熱海駅前

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)