記者コラム=花粉症の傾向と対策

2018年05月08日

 高校などの新入生たちは受験を終えてほっとし、学校にそろそろ慣れてきた頃だろう。受験に大切なのが傾向と対策とよくいわれるが、受験に限ったことではないらしい。最近、喉と鼻の調子が悪く、相談すると「今はヒノキ花粉の時期」だと言う。

 インターネットで調べると日用品メーカーや製薬会社が対策を載せている。シーズン中の生活は窓、ドアを開けない、掃除をこまめにするなど。それだけでなく、植物の分布や飛散時期など頼りになる情報が多い。

 前回のスギ花粉は多かったため、発症した人もいただろう。受験と同じく対策をしっかりして、次のシーズンは何事もなく季節を楽しみたい。

(恵)

各地の最新の写真
伊東
ブリ類漁獲「今後も期待」 県定置協総会―伊東
下田
“最後”の「どんつく祭」1日に縮小し来月3日開催―稲取観光協
中伊豆
「ギネス挑戦」PR みしまコロッケ最多ペア数記録―日大三島高
熱海
アジサイ主に70種800点 28日まで山野草市―熱海駅前

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)