記者コラム=五輪と受動喫煙対策

2018年05月05日

 休日に伊豆の国市内を車で走行していたところ、学校の校門付近でたばこを吸っている人たちが目に入った。同校でスポーツ大会などの催しがあったのだろうか。スポーツウエアに身を包んでいた。道路に面した場所で吸っていて、運転手や歩行者の注目を浴びていた。

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、受動喫煙対策の強化が行われている。ホストタウンの伊豆の国市は、モンゴル柔道選手の事前合宿を受け入れるほか、花咲く伊豆の国マーガレット街道の整備といった官民一体となって“おもてなし”を進めている。

 マナーやルールを守り、たばこを吸う人、吸わない人の双方が、気持ち良く過ごせるようにしたい。(春)

各地の最新の写真
伊東
ブリ類漁獲「今後も期待」 県定置協総会―伊東
下田
“最後”の「どんつく祭」1日に縮小し来月3日開催―稲取観光協
中伊豆
「ギネス挑戦」PR みしまコロッケ最多ペア数記録―日大三島高
熱海
アジサイ主に70種800点 28日まで山野草市―熱海駅前

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)