いま、熱海では=旬の食材で連休開幕

2018年05月05日

 大型連休初日の28日夜、静岡市の郊外にある実家の夕食は、季節を感じさせるおかずがそろっていた。豆ご飯、タケノコの煮物、生の桜エビを使ったかき揚げ、フキの煮物、サクランボ。

 このうちフキの煮物が自前だった。ほかは近所や親戚のお裾分けで、桜エビの春漁が4~6月ということや、グリーンピースの旬をあらためて知った。

 自家用野菜や特産品を生かして料理を作る。連休で時間に余裕ができるため、お裾分けの行き来が増えるのは恒例のようだ。

 熱海の高齢化率が46・3%というが、この郊外の集落でも、昼間出会う人は多くが高齢者。災害時の共助という観点から、こうした日頃の交流は重要かもしれない。(前)

各地の最新の写真
伊東
ブリ類漁獲「今後も期待」 県定置協総会―伊東
下田
“最後”の「どんつく祭」1日に縮小し来月3日開催―稲取観光協
中伊豆
「ギネス挑戦」PR みしまコロッケ最多ペア数記録―日大三島高
熱海
アジサイ主に70種800点 28日まで山野草市―熱海駅前

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)