いま、熱海では=今年の夏は暑くなるのか

2018年04月17日

 熱海市では、桜シーズンの最終を飾る八重桜が終盤を迎えている。各地で初夏を彩るツツジが咲き始め、季節は駆け足で夏に向かっているようだ。

 気象庁の暖候期(6~8月)予報では、東日本以西の平均気温は高く、太平洋高気圧、チベット高気圧とも日本付近へ張り出しが強いとしている。

 網代観測地点の3月の月平均気温12・2度は、2013年の12・4度に次いで観測史上2番目に高かった。同年は「大雪から暖かい春」というパターンが今年と似ており、夏は記録的な猛暑だったと説明する気象予報士もいた。

 極端な暑さ寒さは、冷暖房の使用機会を増やし、体調を崩しやすくなる。13年の8月の猛暑日は6日もあった。(前)

各地の最新の写真
伊東
“旅立ちの支度”作業に見入る 伊東「さとみ」が湯かんの儀実演
下田
成長誓い、12人入団 みどりの少年団―松崎・牛原山
中伊豆
花、野菜の苗人気 きょうまで、函南みどりまつり―役場駐車場
熱海
来月12、13日にタカタ・フェス 震災復興支援―熱海

最新写真特集