記者コラム=最新版の「広辞苑」

2018年02月10日

 「がっつり」「無茶振り」「萌(も)え」「ブラック企業」「安全神話」といった新しい言葉約1万語を追加した国民的国語事典の「広辞苑」が10年ぶりに改訂され、このほど発刊された。

 がっつりは「ある人や物に特別な興味や愛着をもつことをいう俗語」、無茶振りは「漫才などで、返事に困る無茶な話題を振ること。転じて、無茶な仕事などを振り当てること」と付記している。若者がよく使う「やばい」には「のめり込みそうである」の意味が加えられたという。

 一部の言葉の解説に誤りがあったものの、200人以上の専門家が執筆・校閲した最新版の第7版。記者として、正しい日本語を使うことができるよう活用したい。(佐)

各地の最新の写真
伊東
確定申告スタート 市役所特設会場、PC増台し対応―伊東
下田
お花見人力車、来月1日まで みなみの桜と菜の花まつり―南伊豆
中伊豆
確定申告スタート 相談会に人あふれる―三島税務署
熱海
ひな人形、愛らしく 信綱の旧居「凌寒荘」―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)