いま、熱海では=インフル すぐ受診を

2018年01月27日

 県は18日、今年第2週のインフルエンザ動向調査で、調査医療機関の患者数が平均30人を超え「警報レベル」になったと発表した。筆者も16日に発熱、診察でB型と分かった。

 3年ほど前にA型に感染した。個人的にはインフルエンザ薬で簡単に直った経験があり、軽くみていた。

 前回は1日分の服用で熱が引いたが、今回は3日目でようやく下がった。夜に熱がぶり返すことも多かった。症状の初期に使用すべき薬といわれ、服用が遅かったようだ。

 振り返ると、初めて37度台の熱を確認した後、様子をみていた時間があった。全県的な「流行」と、筋肉痛を伴う全身的な気だるさを考えれば、すぐに受診すべきだったと、悔やまれる。(前)

各地の最新の写真
伊東
確定申告スタート 市役所特設会場、PC増台し対応―伊東
下田
お花見人力車、来月1日まで みなみの桜と菜の花まつり―南伊豆
中伊豆
確定申告スタート 相談会に人あふれる―三島税務署
熱海
ひな人形、愛らしく 信綱の旧居「凌寒荘」―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)