1面コラム 潮の響=明治に学ぶ

2018年01月13日

 今年は明治維新150年。山口県、鹿児島県、高知県、佐賀県など維新ゆかりの人物を輩出した都市などで記念行事が計画されている。NHK大河ドラマでは、維新の功労者の一人・西郷隆盛にスポットを当てた「西郷[せご]どん」が始まった

 ▼下田も明治維新ゆかりの都市。1854年、下田に黒船が来航し、時代は大きく動き出した。下田開国博物館は明治維新150年企画展「維新の始まりは黒船来航・下田開港から」を開催している

 ▼伊豆龍馬会は、勝海舟と土佐藩主山内容堂が宝福寺で会談し、坂本龍馬の脱藩の罪が許された史実から「龍馬飛翔の原点は下田」とアピール。「第10回龍馬飛翔祭」を21日、宝福寺で開く。明治150年を記念し、坂本龍馬と西郷隆盛の子孫による特別対談などを企画している

 ▼司馬遼太郎は「“明治国家”は清廉で透き通ったリアリズムを持っていた」とし、坂本龍馬、小栗忠順、勝海舟、福沢諭吉、西郷隆盛、大久保利通などの名前を挙げ「これら明治の父たちは、偉大であった」と述べている

 ▼こうした英雄たちばかりでなく、混迷の時代を切り開いてきた明治の日本人は、みんな「すごい」と思う。明治という時代と人間に、現代人に失われた開拓精神を学びたい。

各地の最新の写真
伊東
曽根さん(伊東)衣湯織が高評価 四つの公募展で入賞・入選
下田
ゴマフアザラシのアルト 4歳で“嫁入り”―下田海中水族館
中伊豆
土肥桜が見頃 濃いピンク一気に開花―伊豆・万福寺
熱海
雪残り市民の足に影響 県道熱海大仁線は規制続く

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)