記者コラム= 集中豪雨の発生予測

2017年12月14日

 気象庁は2018年度予算の概算要求で、台風や集中豪雨の頻発から、観測精度の向上を基本方針とした。積乱雲が次々と発生し、同じような場所を通過、停滞する線状降水帯。17年7月の九州北部豪雨では、1時間に120ミリを超す豪雨をもたらしたという。

 概算要求に含まれた新規の研究は、陸上の観測機器で水蒸気の量を捉えるのではなく、水蒸気が海上を漂っている段階で観測し、集中豪雨の発生を予測しようというもの。

 複数の人工衛星で現在位置を特定する全地球測位システム(GNSS)を定期航路のフェリーに搭載し、海上の水蒸気量を図るという。伊豆地区のフェリーに付けば、地区の防災情報の精度が上がるのだろうか。(前)

各地の最新の写真
伊東
曽根さん(伊東)衣湯織が高評価 四つの公募展で入賞・入選
下田
ゴマフアザラシのアルト 4歳で“嫁入り”―下田海中水族館
中伊豆
土肥桜が見頃 濃いピンク一気に開花―伊豆・万福寺
熱海
雪残り市民の足に影響 県道熱海大仁線は規制続く

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)