記者コラム=“がけじょ”

2017年12月07日

 先日、テレビ番組に不思議な人が出た。断崖絶壁を愛でる“がけじょ”を自称する女性で、崖の魅力をとうとうと述べ、下田市や、南伊豆町の海岸を紹介していた。

 ふと思い出したのが幸田文の随筆「崩れ」だ。下賀茂温泉と縁の深い幸田露伴の娘である文は70歳を過ぎて突如、崩壊地に魅せられた。安倍川上流の大谷崩れ、富士山の大沢崩れ、立山カルデラなどを巡った。足腰の衰えた文は、ときに負ぶられながら深山に分け入り随筆を書き上げた。

 一般的な崖と崩壊地の違いはあるが“がけじょ”の元祖かもしれない。文は露伴と共に昭和初期、下賀茂を訪れている。今はジオサイトの伊豆の海岸線を、若い日の彼女は見たのだろうか。(航)

各地の最新の写真
伊東
組合長賞に斎藤さん(宇佐美) JAあいら伊豆柑橘品評会
下田
東伊豆に春告げる炎 景観保全で運営委―細野高原で山焼き
中伊豆
知徳高生が修善寺の絵画、イラスト 駿豆線車内に展示―伊豆箱根
熱海
水路にメダカ繁殖 噴水下に2種類―熱海・姫の沢公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 花半島伊豆 ちょっと早めの春をさがしに・・・(PDF)