いま、熱海では=追突は渋滞・低速時に

2017年12月05日

 熱海市内の追突事故の多くは国道135号上で渋滞・低速時に発生しやすい−。熱海市が開いた職員を対象とした交通安全研修会で、熱海署交通課渡辺淳課長が市内交通事故の発生状況を説明した。

 発生場所を細かく見ると、トンネルの出入り口や信号機のある場所に集中している。「トンネルの出入り口での渋滞、赤信号での停止・減速中に発生している。追突事故は基本的に前方に注意した運転をしていれば発生することはない」と呼び掛けた。

 もう12月。慌ただしく動き回る「師走」だ。熱海市内では観光客も多く訪れる。1年の終わりを笑顔で迎えるためにも、交通事故は起こさないよう十分に注意してほしい。(北)

各地の最新の写真
伊東
地元老人会員らと正月飾り 鎌田幼稚園―伊東
下田
年末年始の安全確認 下田海保と海事事務所
中伊豆
3年ぶりに原点「第九」 三島で定期演奏会―伊豆新世紀合唱団
熱海
ジュニア・チャレンジスポーツ大会 熱海長浜公園

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)