記者コラム=高校生マルシェに感心

2017年11月21日

 飲食関係のイベントを取材していると、恥ずかしながら、ついついおいしそうな物に目が行ってしまう。

 下田市で5日に開かれた「高校生のKAMOマルシェ」でも同様だった。初めて食べる「しおかつおうどん」を満喫し、減量中なのも忘れ危うくどら焼きにまで手を出しそうになった。グルメの魅力恐るべしである。

 もちろんしっかり取材もした。注目したのは高校生の仕事に対する姿勢だった。接客態度だけでなく、容器の保管や食材を扱う際の衛生管理も徹底していた。相当しっかり準備してきたのだろう。心底感心させられた。

 出店するまで多くの苦労があっただろうが、今回の体験が社会に出た時、必ず生かされると思う。(穂)

各地の最新の写真
伊東
山口君(伊東高1年)手帳甲子園に出場 「独自記号で生活管理」
下田
「力合わせ、町を元気に」 斎藤町長ら、退任あいさつ―松崎
中伊豆
函南駅に駐輪場新設 140台、防犯カメラも―県道拡幅対応
熱海
熱海の食の在り方考察 地域創生トレセンプロジェクト―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)