1面コラム 潮の響=衆院選

2017年10月22日

 伊東市明るい選挙推進協議会(明推協)が、新たに選挙権を得た若者を対象に選挙に関するアンケート調査を行った。質問の一つ「若い世代の政治・選挙への関心や投票参加意識を高めるアイデアを教えてほしい」に対し、「自分たちで考えて」という回答があった

 ▼ふざけているようだが、少し考えたらなかなか良い意見に思えてきた。アイデアを求める前にもっと知恵を絞ってほしいという、若者らしいストレートなメッセージだ

 ▼とはいえ、関心や意識を高めることはそう簡単ではない。同市明推協も工夫を凝らしたさまざまな啓発活動を行っているが、状況を飛躍的に改善するには至っていない

 ▼先日もショッピングセンターで、本年度の伊東市明るい選挙ポスター展の優秀賞を獲得した県立伊東高城ケ崎分校3年鈴木茉亜弥さんの作品を掲載したチラシを配布して、投票を呼び掛けた。作品ではいろいろな学校の制服姿の高校生が「選挙 行かなくちゃ!」と訴えている

 ▼明推協のアンケートには「大人が行かないのになぜ若者が行くのか」という厳しい意見も寄せられた。若い世代にこれだけ言われて、大人が行動しないわけにはいかない。22日は衆院選の投票日。選挙、行かなくちゃ!

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)