いま、熱海では=高齢化進展とごみ出し

2017年09月19日

 熱海市介護サービス提供事業者連絡協議会などがこのほど、起雲閣で開いた地域ケア会議の模擬会議で、病気を抱える一人暮らしの高齢者の、ごみ出しが話題になった。

 朝の決められた時間に、集積場所へ運ぶことが難しい―毎回でなくても、こうした理由から、ごみが家にたまる例もありそう。

 以前、聞いた高齢者の例では、親戚や知人ら近所の複数の人が、自分のごみ出しの際に声を掛けてくれるといった話もあり、地域の濃いつながりをうらやましく思った。

 ケア会議では、少子高齢化から、福祉の担い手不足が課題とされた。介護サービスを行う事業所が手の回らない中、支援にあたる“ご近所も”また高齢化していく。(前)

各地の最新の写真
伊東
最新機器を展示抽選会にぎわう きょうまで伊東ガス
下田
雨の中724人 起伏に富んだ3コースに挑戦―東伊豆クロカン
中伊豆
雨でも行列、にぎわう きょうまで三島みどりまつり
熱海
初島の投票率62・78% 繰り上げ、前回選下回る―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)