いま、熱海では=我慢が多い「大人」

2017年09月18日

 県立熱海高の高校生ホテルに向けた授業の中で、講師を務めた鈴木学園(三島市)キャリアサポーターの寺沢拓志さんは「大人(社会人)と子どもの違い」について語った。

 「嫌いな同僚とでも仕事をする上では仲間。嫌いな客に接することだってある。態度には出さない。それができないと結局『子ども』だ」ときっぱりと言い切った。厳しい言い方だったが、確かにその通りだと共感した。もう一つ「大人は笑顔をつくれる。つまりつくり笑いができる」と話した。誰でも心当たりはあるだろう。

 言葉にして言われると「大人」とは我慢や忍耐が多いと実感した。生徒たちは「大人」についてどのように感じただろうか。(北)

各地の最新の写真
伊東
伊東高探究部 市制70周年新聞を製作、3月完成へ市長ら取材
下田
下田LCのプログラムで来日 豪の学生マクナブさん市長訪問
中伊豆
江間イチゴ狩り50周年 園児ら一足早く堪能―伊豆の国
熱海
信子さま「趣味で健康長寿に」 起雲閣で特別講演会―熱海

最新写真特集