いま、熱海では=韓国の誕生日の風習

2017年09月09日

 「韓国では誕生日に食べるものがある。それはなにか」−。県立熱海高が開いた国際交流員を講師に招いた特別授業で、講師の韓国出身の李錫泳(イ・ソギョン)さんが、生徒に尋ねた。

 「正解はワカメスープ」と李さんが話すと、誕生日とイメージが結びつかないためか、生徒たちはざわついた。同国では出産したばかりの母親に栄養を付けてもらうため、入手が簡単だったワカメを与えていた。それで生んでくれた母親への感謝を込めて誕生日にワカメスープを食べるようになったという。

 誕生日一つをとっても日本とはまた違った風習があり、その国ごとに込められた思いがあるのだと、実感した。(北)

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)