記者コラム=大室山山頂で大田楽

2017年09月09日

 虫の声が、日増しに大きくなってきた。伊東市の大室山山頂の噴火口跡で先ごろ、伊東大田楽の特別公演が初めて行われた。「虫の声とマッチして素晴らしかった」と、横浜市から来た女性は感嘆していた。

 「大室山に住む不老長生の神・磐長姫(いわながひめ)に会うために」と銘打ち、伊東大田楽を応援する会が主催した。伊東大田楽は、中世に流行した伝統芸能の田楽を狂言師で総合芸術演出家・故野村万之丞さんが現代のエンターテインメントとして創作した。

 五色の華やかな衣装に身を包んだ踊り手約40人が出演。躍動的な舞踊をたいまつで照らし、観衆を魅了した。自然の音もBGMにしたとてもぜいたくなショーだった。(佐)

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)