記者コラム=桜葉のハウス栽培

2017年09月08日

 2年ほど前から支局のそばで畑の一角をお借りし、素人ながら季節の野菜を育てるまねごとをしている。せっかく手塩にかけて育てても、虫が葉を食べてしまったりと難しい。

 そんな農作業に不慣れでいまだ初心者の筆者だが、国内トップシェアを誇る松崎町で桜葉(オオシマザクラ)のハウス栽培が成功したと聞いたときは、心底すごいと実感した。

 一般的な露地栽培とは全く異なる画期的なアプローチで、県内初のハウス栽培による桜葉を生み出した園芸業の河浦輝雄さん。一度はあきらめそうになったという偉業の根底にあるのは「町特産の桜葉を何とかしたい」というあふれる熱意だ。農業に関心のある若者に、その切なる思いが届くとうれしい。(藤)

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)