記者コラム=桜葉のハウス栽培

2017年09月08日

 2年ほど前から支局のそばで畑の一角をお借りし、素人ながら季節の野菜を育てるまねごとをしている。せっかく手塩にかけて育てても、虫が葉を食べてしまったりと難しい。

 そんな農作業に不慣れでいまだ初心者の筆者だが、国内トップシェアを誇る松崎町で桜葉(オオシマザクラ)のハウス栽培が成功したと聞いたときは、心底すごいと実感した。

 一般的な露地栽培とは全く異なる画期的なアプローチで、県内初のハウス栽培による桜葉を生み出した園芸業の河浦輝雄さん。一度はあきらめそうになったという偉業の根底にあるのは「町特産の桜葉を何とかしたい」というあふれる熱意だ。農業に関心のある若者に、その切なる思いが届くとうれしい。(藤)

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)