記者コラム=勉強合宿は伊東で

2017年09月06日

 日本大理工学部(千葉県船橋市)がこのほど、4日間にわたって伊東市内で交通実態調査を行った。学生に教職員、補助スタッフらを加えた総勢160人が、合宿形式で各種交通調査に取り組んだ。

 同学部は2014年度から毎年、同市で合宿を行っている。担当の藤井敬宏教授は合宿先に同市を選んだ理由について「学校からの移動が楽で、中心市街地の広さが調査にちょどいい。宿泊施設が充実していて、市も全面的に支援してくれる」などと説明した。

 全国の多くの自治体が大学生のスポーツ合宿の誘致を積極的に進めている。スポーツだけでなく、今回のような合宿の需要も十分ありそうだ。「勉強合宿は伊東で」と売り出してみたらどうか。(水)

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)