記者コラム=スクリーンの魅力

2017年09月05日

 南伊豆町の前原橋のたもと、スナック・ナウの場所にはかつて映画館があった。南中地区なので「南中座(なんちゅうざ)」だったという。嵐寛寿郎や市川雷蔵が活躍した映画全盛時代、小さな映画館が各地にあった。

 今では賀茂地区に常設の映画館はなく、下田市民文化会館の上映会があるくらいだ。新作を見るには、6回映画化された「伊豆の踊子」や松本清張原作の「天城越え」を体感しながら峠をドライブすることになる。

 テレビの台頭で館数は減ったが、スクリーンの魅力は衰えない。先日妻良の移住者の家を訪れると、大きなホームシアターセットがあった。10月ごろに上映会を企画中という。実現するのを楽しみに待っている。(航)

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)