いま、熱海では=東海地震の予知研究

2017年08月30日

 南海トラフ地震の防災対策を検討する中で、政府の中央防災作業部会が25日、東海地震の直前予知を否定した。発生時期を高い精度で予測することは、現状では難しい―とするもので、今後は南海トラフ沿いにモデル地区を設定して、自治体、住民、企業などと防災対策を検討していくという。

 1978年の大規模地震対策措置法に基づく防災対策が見直されたため、これまで防災訓練の度に想定として言われてきた「警戒宣言の発令」といった情報の発表はなくなることになる。

 東海地震の予知で、プレート境界の一部が地震発生前にはがれる「前兆すべり」などの観測は、静岡県をモデル地区として続けられるのだろうか。(前)

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)