記者コラム=自分で作った和菓子

2017年08月30日

 「粘土のように遊びながら作ればいい」。伊東市猪戸の和菓子店「一進堂」店主で、伊東お菓子ぃ共和国大統領の青木喜世司さんは、小学生を対象にした和菓子教室で指導した。

 教室は、市立東小校区の放課後児童クラブ「東っ子学童クラブ」の一環。子どもたちは、ツバキの花とうちわをイメージした2種類の上生菓子作りに挑戦した。

 上生菓子は和菓子職人の間で、大福や団子などの「朝生菓子」、どら焼きや黄みしぐれといった「並生菓子」の上位にあり、職人技が最も必要な菓子ということだそうである。

 子どもたちはそれぞれに個性ある立派な2品を完成させた。自作の和菓子の味。格別に違いない。(佐)

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)