1面コラム 潮の響=名言

2017年08月27日

 世に名言は多い。福沢諭吉の「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」、板垣退助の「板垣死すとも自由は死せず」などは有名だ。学校の社会科の授業で習った人も多いのではないか。明治の日本人は言葉に重みがあった

 ▼先日、新たな名言を覚えた。「始まっちゃえば終わるから」。夏合宿を前にした高校生が友人につぶやいた一言だ

 ▼高校時代運動部に所属していた人は分かるだろうが、夏合宿はきつい。炎天下のグラウンドや蒸し風呂のような体育館で延々と練習が続く。もちろん運動部だけでなく、吹奏楽部をはじめとする文化部の合宿も過酷だと思う

 ▼今年はどんな練習が待っているのだろう、果たして自分は乗り越えられるのだろうか―。この高校生も夏休みに入ってすぐのころから、想像していたに違いない。出発直前、不安な気持ちが吹っ切れた時に飛び出した言葉が「始まっちゃえば…」だったのだろう

 ▼先のことを想像した上で自分なりに納得し、「いやだなあ」という消極的な気持ちを「よし、やってやろう」と前向きに変えた。潔い。夏合宿だけでなく、いろいろな場面に当てはまる言葉だ。この先、何か困難が待ち構えている時があったら、忘れずに思い出したい。

各地の最新の写真
伊東
正月飾り用ダイダイ 初出荷へ急ピッチ―JAあいら伊豆
下田
復興願い河津桜130本 熊本市で市民300人植樹―町が寄贈 
中伊豆
五輪仕様タクシー導入 車椅子で乗降も―伊豆箱根交通
熱海
昨年より6日遅く梅開花 熱海梅園、韓国庭園前の「冬至梅」

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞&イズハピが贈る伊豆の観光情報紙「伊豆時間」 ペットの楽園「伊豆高原特集」&伊豆自慢の温泉めぐり(PDF)