記者コラム=難しい森との付き合い

2017年08月23日

 カシノナガキクイムシ(カシナガ)のナラ枯れ被害拡大は、人間の森林利用の変化が大きく影響している。カシナガは乾燥しにくい胸高直径30センチ以上の太い木を好む。かつてナラなどの雑木は薪炭になり短いサイクルで更新されたが、近年は放置され樹齢数十年の大木が増えた。虫の繁殖に適した環境だ。県の対策ガイドは右記のように近年の被害激化の原因を推測する。

 本紙16日付で賀茂地区の被害を記事にしてから何本か電話をいただいた。「蛇石峠に枯れて倒れそうな木がある」「民家の裏に葉が赤い木がある」と生活上の問題をいくつも拝聴した。原因を話すと「一種の文明病ではないか」との声もあった。森と人の付き合いは難しい。(航)

各地の最新の写真
伊東
公園巡りスマホで楽しく 伊豆シャボテンに体験型アプリ
下田
リコール期日前投票始まる 初日は夕までに96人―河津町
中伊豆
天然アユ増へ産卵場造成 国交省沼津協力で重機作業―狩野川漁協
熱海
歩道沿い、樹木にハチ 十国峠伊豆山線、住民が注意喚起―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)