いま、熱海では=人間と人工知能

2017年07月29日

 熱海中の「ケータイ・スマホ講座」で講師を担当したアルプスシステムインテグレーションの菅野泰彦さんは技術の進歩を説明し、2045年にはコンピューターが全人類の知能を上回るシンギュラリティー(技術的特異点)が来ると説明。人工知能(AI)やロボットなど、昔では夢物語だったようなものが次々と実現する中、さらに「人類以上の知能」と言われても想像できない。菅野さんは「正しく使わないと『道具に使われる』ことになる」と話した。

 パソコンやスマートフォンは今や生活の一部となっている。便利になる一方、触れている時間も増えている。自分は道具を使っているのか、道具に使われているのか、考えさせられる話だった。(北)

各地の最新の写真
伊東
鳥獣供養塔周辺明るく 猟友会分会が樹木せん定―伊東
下田
候補選手ら練習計画確認 県市町駅伝東伊豆町初会合 
中伊豆
果物や野菜食べて イベントで呼び掛け―三島で県栄養士会
熱海
花火大会に合わせ浴衣姿の来場者に「手持ち」贈る―熱海

最新写真特集