1面コラム 潮の響=訪日外国人旅行者

2017年07月28日

 今年上半期の訪日外国人旅行者は前年同期比17・4%増の1375万人で過去最高を記録した(日本政府観光局調べ)。JTBは今年の外国人旅行者が2700万人に達するとの見通しを示した。インバウンド増加に沸く観光業界だが、死角はないだろうか

 ▼英国出身の実業家で著書「新・観光立国論」がベストセラーとなった政府特別顧問のデービッド・アトキンソン氏は「東洋経済オンライン」に「外国人を遠ざけている日本の旅館事情」を連載した

 ▼同氏は家族が同じ部屋で過ごす旅館は外国人の長期滞在とファミリー層に不向きで、不十分なルームサービスと夜の娯楽、設備の老朽化も問題と指摘する。旅館が日本の伝統文化とする向きに異議を唱え、1、2泊の滞在を想定した「昭和の観光業」と主張した

 ▼是非はともかく、外国人旅行者の取り込みを目指す経営者であれば、外国人の趣向を意識するのは当然だ。日本の文化・習慣と、外国人の求めるホスピタリティーをどう両立させるかが課題となる

 ▼東京五輪の2020年に訪日外国人を4千万人とする政府目標も現実味を帯びている。自転車競技が行われる伊豆地区にも多くの外国人が訪れるだろう。今後の旅館業の挑戦に注目したい。

各地の最新の写真
伊東
鳥獣供養塔周辺明るく 猟友会分会が樹木せん定―伊東
下田
候補選手ら練習計画確認 県市町駅伝東伊豆町初会合 
中伊豆
果物や野菜食べて イベントで呼び掛け―三島で県栄養士会
熱海
花火大会に合わせ浴衣姿の来場者に「手持ち」贈る―熱海

最新写真特集