1面コラム 潮の響=電車内に見る世相

2017年07月25日

 普段は車で通勤しているが、夜、伊東の街に繰り出す際はJR伊東駅近くの駐車場に車を置いて、伊豆急で帰る。面倒だが翌日、電車に乗って車を取りに戻る

 ▼週末の電車内は行楽客の姿が目につく。ほろ酔いかげんで旅する中年男性3人組が互いにカメラを向け、ストロボをたいて撮り合っていた。横のボックス席にいたインド人らしき男女は静かに会話を楽しんでいたが、近くに座ったおそらく地元の女性は携帯電話を取り出して会話を始めた…

 ▼映画監督小津安二郎の随筆「車中も亦[また]愉[たの]し」をネットの青空文庫で読み、その一文を思い出した。小津は「汽車、電車、バスなどの公衆の交通機関は現代世相の風俗画とも言ふべき」と書き出し「春から初夏へかけて伊豆方面にでも出かけるらしい団体と同じ列車にしばしば乗り合はせる」とつづる

 ▼小津は別の電車内で会った女性が新しいハンカチを握りしめているのを見て、芥川龍之介の「手巾[はんかち]」を連想している。ハンカチを小道具としてどう生かしているか―の視点が映像的だ

 ▼きのう命日だった芥川の「手巾」を読み、小津の気持ちを想像した。電車内の出来事から世相を感じ取るのはいいが、人の迷惑になる行為はご遠慮願いたい。

各地の最新の写真
伊東
一日署長・岩崎アナ 「詐欺被害多発、注意を」―伊東署
下田
多彩な力作44点 河津で「友画」が作品展
中伊豆
災害支援協定を締結 駿東伊豆など3消防本部と東部生コン組合
熱海
獅子が「かみつき」 今宮神社例大祭、神楽や稚児舞を奉納―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)