記者コラム=万国共通の白い杖

2017年07月14日

 目の不自由な人が使う「白杖」。万国共通の白い杖を考案したのは米国のライオンズクラブ(LC)会員だという。伊東LCの石田允彦さんに教えられた。

 発案者はイリノイ州ビオリアLC会長だったLジョージ・A・ボナムさん。1930年、交通ラッシュの道路を横断しようとしようとして立ち往生していた視覚障害者を目撃したことをきっかけに、目が不自由なことをドライバーに知らせる白杖を思い付いた。

 LCは視覚障害者支援に積極的に取り組む。25年の国際大会でヘレンケラーに「ライオンズよ、闇を開く十字軍の騎士たれ」と呼び掛けられたことが、大本になっているという。伊東LCも長年、アイバンクの活動を支援している。 (水)

各地の最新の写真
伊東
「マンタの壁画、再整備を」 原画描いた内田さん、伊東市へ要望
下田
9、10日に松崎海岸でSUP交流大会 海上散歩、BBQも
中伊豆
迫力の70メートルナイアガラ 弘法大師奉納花火―修善寺
熱海
サザエつぼ焼きに舌鼓 伊豆山温泉で祭り―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)