1面コラム 潮の響=一騎打ちの伊東市長選

2017年05月17日

 敵味方とも1騎ずつで勝負を争うことから、転じて1対1の勝負を指す。広辞苑は「一騎打ち」をこう解説する。合戦での基本的な戦闘の一つで、騎馬武者は戦場で敵としてふさわしい相手を求めて馬を走らせたという

 ▼伊東市長選(21日投開票)は、終盤に差し掛かった。自民、公明の推薦を受ける元県議で水産加工販売会社社長の小野達也氏(54)と前回選に出馬した出版・情報会社社長の佐藤裕氏(56)の無所属の新人2人が激しい選挙戦を展開している

 ▼告示前から、組織力で上回る小野氏の陣営は支援団体などが市内全域できめ細かな活動を展開した。一方、佐藤氏の陣営は街頭演説を中心に、市内各所でマイクを握る手法で対抗してきた

 ▼同市長選は直近の2回、票差が千票もない大接戦だった。今回は新人同士の争いだが、知名度はともに高く、選挙組織を含めた構図が過去2回と大きく変わらないため、接戦が予想される

 ▼武者は「一騎打ち」の際、遭遇するや互いに名乗りを上げ、口上を述べた後、戦闘に入った。選挙戦も残り4日。伊東市の2人の武者には口上を公約に置き換え、最後までしのぎを削ってもらいたい。有権者は投票という宝刀を必ず行使し、意思を示してほしい。

各地の最新の写真
伊東
ヨット・伊豆高原ビール杯 伊東沖で14艇―サンライズマリーナ
下田
観光列車運行合わせ伊豆急下田駅 待合室をリニューアル
中伊豆
県内外の小学生22人、砂金採りの腕競う 土肥金山で大会―伊豆
熱海
奉仕者37人が顔合わせ 今宮神社例大祭―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)