記者コラム=小学生が描いた挿絵

2017年05月12日

 河津桜であろう木の下にたたずむ1匹のカエルを描いた「かわずにカワズ」。着想がユニークだ。海釣りが好きなのか、リール付きの「つりざお」。まさに河津らしい、太鼓を背負った「伊豆のおどり子」。

 町民と町内出身者の作品を収録した文芸誌「文芸かわづ」第16号が発行された。新たに、町内の小学5、6年生が描いた挿絵が11点載っている。町教委が「親しみやすくなりましたよ」とアピールする。

 「樹れい1000年をこえる来宮神社の大クス」「満開!河津桜」。タイトルはないが、町の特徴や特産品などがかわいらしく描かれた作品もある。子どもたちの郷土愛が感じられる。多くの町民に手にしてほしい。

(日)

各地の最新の写真
伊東
県議補選 中田氏後援会が事務所開き「伊豆の中心、もっと前に」
下田
ドローン操縦楽しむ 河津愛好グループが初、小学生対象に体験会
中伊豆
“滞在中の梶井”語る 30人思いはせる―伊豆・湯ケ島檸檬忌
熱海
卵焼き作り体験人気 熱海小山公園で親子イベント

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)