いま、熱海では=常連客と観光客

2017年04月27日

 熱海市内の飲食店を初めて訪れると「観光客向け」か「常連客向け」か、どちらかの印象を受けることがある。店側はもちろん、どちらの客も大歓迎なのだろう。しかし常連客が多い店に入るのは気が引けることもある。

 先日、友人と市内の飲食店で食事を楽しんでいると男性の怒鳴り声が響いた。「あからさまに違うじゃないか」「まさかこれで同じ値段じゃないだろうな」−。話から察するに、男性と隣の常連客が同じメニューを頼み、店側が常連客に何かサービスしたらしい。店員もなだめようとしたが男性はすぐに店を出て行ってしまった。

 観光地では「いちげんさん」も多いだろう。常連客と観光客、どちらの客も平等である必要があるだろう。(北)

各地の最新の写真
伊東
県議補選 中田氏後援会が事務所開き「伊豆の中心、もっと前に」
下田
ドローン操縦楽しむ 河津愛好グループが初、小学生対象に体験会
中伊豆
“滞在中の梶井”語る 30人思いはせる―伊豆・湯ケ島檸檬忌
熱海
卵焼き作り体験人気 熱海小山公園で親子イベント

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)