いま、熱海では=常連客と観光客

2017年04月27日

 熱海市内の飲食店を初めて訪れると「観光客向け」か「常連客向け」か、どちらかの印象を受けることがある。店側はもちろん、どちらの客も大歓迎なのだろう。しかし常連客が多い店に入るのは気が引けることもある。

 先日、友人と市内の飲食店で食事を楽しんでいると男性の怒鳴り声が響いた。「あからさまに違うじゃないか」「まさかこれで同じ値段じゃないだろうな」−。話から察するに、男性と隣の常連客が同じメニューを頼み、店側が常連客に何かサービスしたらしい。店員もなだめようとしたが男性はすぐに店を出て行ってしまった。

 観光地では「いちげんさん」も多いだろう。常連客と観光客、どちらの客も平等である必要があるだろう。(北)

各地の最新の写真
伊東
ヨット・伊豆高原ビール杯 伊東沖で14艇―サンライズマリーナ
下田
観光列車運行合わせ伊豆急下田駅 待合室をリニューアル
中伊豆
県内外の小学生22人、砂金採りの腕競う 土肥金山で大会―伊豆
熱海
奉仕者37人が顔合わせ 今宮神社例大祭―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)