1面コラム 潮の響=伊豆は選挙イヤー

2017年03月16日

 今年は統一地方選の年ではないが、伊豆地区はなかなかの選挙イヤー。首長・議員の選挙が9回ある。第1弾となる4選挙の投開票(4月16日)まで1カ月に迫った

 ▼最も早く9日に告示されるのは伊豆の国市の市長選と市議選。市長選は再選を目指す現職・小野登志子氏(72)に、元市議会議長・秋田清氏(66)と前市議・柴田三智子氏(57)が挑む三つどもえとなる見通し。現職の実績評価などが争点だ。市議選は定数17に対し、23人の出馬が確実。内訳は現職10人、元職1人、新人12人。他に出馬検討中の新人もおり、候補が乱立する激戦になりそう

 ▼続いて11日に告示されるのが西伊豆町の町長選と町議選。町長選は3選を目指す現職・藤井武彦氏(73)と前町議・星野浄晋氏(39)の一騎打ちか。町議選は定数11に対し、これまでに現職9人、新人1人の出馬が固まり、無風との観測もあるが流動的だ

 ▼25日に告示される南伊豆町長選は、現職・梅本和熙氏(69)のみが再選を目指し出馬を明言している。その後、伊東市長選・市議補選(5月)、県知事選(6月)、松崎町長選(12月任期満了)と続く

 ▼いずれも町や住民の将来にかかわる大切な選挙。政策をよく聞き比べ、棄権せず投票してほしい。

各地の最新の写真
伊東
小さいかれんな花60種75鉢並ぶ 友の会が山野草展―伊東
下田
伊浜マーガレット狩園開園 白、ピンク咲き乱れる―南伊豆
中伊豆
花、野菜の苗が大人気 きょうまで函南みどりまつり
熱海
上空15メートル、眺望楽しむ 熱海市内初の熱気球乗船会―マリンスパ

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)