1面コラム 潮の響=大学・高校入試シーズン終盤

2017年03月13日

 2017年度の大学入試は、10日までに国公立前期日程の合格者が発表されたことで、大きな区切りを迎えた。ニュース番組で東京大などの発表風景をご覧になった読者も多いことだろう。進路が決まった受験生に、心から「おめでとう」を贈りたい

 ▼一般入試は、昨年7月の選抜要項発表で始まった。10月の大学入試センター試験出願、年が明け1月14、15日のセンター試験を経て、同月下旬の2次試験出願、25日からの前期日程試験と続き、合格発表を迎えた。並行し3月8日から中期日程試験(合格発表20~23日)、12日から後期日程試験(同20~24日)が行われた

 ▼17年前の春、地元の公立高に進んだ長男の入学式後、保護者に対し大学入試についての説明があった。やっと高校に入学したばかりなのに…。思えば大学入試はこの時から始まっていた

 ▼受験生も大変だが、親の負担も大きい。以前、雑誌でこんな記述を読んだことがある。「子ども1人を大学に進学させることは、おやじという会社が4年間、稼がない社員を雇うのと同じ」。子どもの夢を支える親の思いも、心の片隅におき入学してほしい

 ▼一方、3、6日に行われた公立高の入試は、15日正午に合格発表が行われる。

各地の最新の写真
伊東
「噴火可能性」で避難訓練 東部火山群防災協が初―伊東
下田
「天城荘」が民事再生 テルマエロケ地―河津七滝
中伊豆
神島ポンプ場が完成 被害軽減へ4月供用―伊豆の国
熱海
17年度でハード完了 熱海市民安全会議で県―熱函道路事故対策

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)