記者コラム=稲取の路地裏文化

2017年03月11日

 東伊豆町稲取の「素盞嗚(すさのお)神社・三嶋神社雛(ひな)段飾り」が成功裏に幕を閉じた。イベント効果で街歩きを楽しむ観光客も増大したが、歩道がない上に車の往来が激しく、シャッターを閉じた店が目立つ目抜き通りを観光客に歩かせるのは少々心苦しく思ったりもした。

 稲取は縦横に路地があり、古い民家や石塀が並ぶ。引き戸の開閉、まな板をたたく包丁、昼寝の野良猫。どこにでもある日常だが、どこか懐かしく心和むものがある。

 日本全国、目抜き通りはミニ東京のようにモダン化される昨今。いっそのこと稲取は路地裏文化で勝負してはどうだろう。そこには観光資源にもなり得る古くて新しい発見があるかもしれない。(晴)

各地の最新の写真
伊東
交通安全PRへ、ラッピングバス運行 県内全域でJA共済
下田
尾ケ崎の国道美化 有志「米フレンド」県、市と同意―下田
中伊豆
「伊豆の国讃歌」のDVD 伊東のNPO、小野市長に贈る
熱海
「献身的な活動評価」 長官表彰など13人に伝達―熱海消防本部

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)