1面コラム 潮の響=情感たっぷりに漱石の世界

2017年03月05日

 毎日、記事など文章に向き合う仕事をしているが、学生時代は文学とは無縁だった。そんな中、唯一親しんだのが夏目漱石。高校生の時、現代国語の教科書に一部が載っていた「こゝろ」を、先生から買って読むよう“強制”されたのがきっかけだ

 ▼「こゝろ」は1914(大正3)年、朝日新聞に連載された小説で、10(明治43)年「修善寺の大患」後に書かれた漱石の代表作。それまで「坊っちゃん」や「吾輩は猫である」しか知らなかったが、「こゝろ」で漱石文学の神髄にふれ、一気にファンになった

 ▼過日、伊豆市の修禅寺で開かれた「伊豆文学まつり」のイベント「修善寺温泉文学サロン」に参加した。伊豆の国市に住む女優大塚良重さんが、漱石「夢十夜」のひとり語りを行った

 ▼「こんな夢を見た」で始まる10の物語のうち「第三夜」「第六夜」「第九夜」を、大塚さんは約30分間にわたり情感たっぷりに“演じた”。目を閉じると漱石が描いた夢の情景が鮮やかに広がった

 ▼修善寺は漱石「大患の地」として知られているが、その後に人生観が変わり数々の名作を書き上げたという。地元漱石会の原京会長は「修善寺を大文豪を生んだ地、再生の地にしたい」と語った。全く同感だ。

各地の最新の写真
伊東
市長、2副市長の退任式 「新市長のもと一丸で」―伊東
下田
天城峠道路期成同盟会 南伊豆、松崎町が加盟
中伊豆
10人、19施設を表彰 三島食協総会表彰大会
熱海
民泊の課題を研究 考える会発足―熱海

最新写真特集

伊豆のひろば投稿
伊豆パワースポットめぐり
伊豆新聞とイズハピが贈る伊豆の観光情報紙 伊豆のとっておきの春時間を満載(PDF)